派遣やパートの軽作業のお仕事はどんなもの?

派遣やパートでよく軽作業の仕事が募集されています。工場の仕事が多いですが、様々なお仕事があります。派遣の場合、多くは登録制になっていますが、パートの場合は会社との直接契約になります。

パートの場合は一日2時間だけ働くなど、スキマ時間を使って働けるのがメリットです。年末年始だけ、ゴールデンウイークだけ、土日だけといった働き方ができるので、学生や主婦向けと言えます。中には高校生でも応募ができるお仕事もあります。

派遣の場合は、週5日、フルタイムで働くことが必要な場合が多いです。正社員と変わらない給料をもらえることも多いですが、多忙期だけ雇われて、多忙期が過ぎて人員が必要なくなったら優先的に切られるのが派遣ですので、その点は理解しておきましょう。派遣の軽作業というとほとんどが工場でのお仕事になります。座って出来る仕事もありますが、立ち作業が主となります。

軽作業の仕事のメリットは、スキルがいらないということです。時給は仕事内容によって様々ですが、時給1200円を超えるような仕事もあります。夜勤の仕事もあって、その場合は夜勤手当がつくので給料が割増になります。スキルがいる仕事の場合、見習いのうちは低い時給で我慢しなければならないことも多いですが、スキルがいらないので最初からそれなりの給料がもらえることがメリットです。しかし、長い目で見ればスキルが身につく仕事のほうが自分のためになることもあるので、よく考えておきましょう。

中には寮付きの仕事もありますが、一人暮らしの人が寮付きの仕事に応募する場合には注意が必要です。実家に住んでいていつでも帰ってこられるならいいですが、一人暮らしの人は今住んでいる部屋を解約して仕事に就くことになると思います。仕事に失敗しても帰る家が無いという事態になる可能性があるので、よく考えて応募しましょう。

ページの先頭へ戻る