派遣の保育士は土日勤務が多いか

保育園は基本的には日曜日や祝日はお休みのところが多いですが、働く女性が増えたことで、土曜日はもちろんのこと、日曜日や祝日も保育園を開いているところが増えています。
ですが、平日に比べ子どもの数は少ないことが多く、正規の職員を全員おかなくても大丈夫なことが多いです。このような時に、派遣の保育士が出勤することが多くなります。
正規の保育士は労働条件などにより、土日どちらかの勤務となっていることがあります。また、平日は担任を持っていることがあるため、休みを取ることが難しく、休みをとるのはよほど具合悪い時やなにか不幸があった時に限られてきます。そのため、土日はなるべく交代で休めるような体制ととっています。
派遣の保育士の場合は平日に出勤することが少なく、また、クラスの担任をもつことはないので、土日出勤が多くなります。土日は異年齢での活動が多くなるため様々な年齢の子どもを把握し、保育にあたらなければなりません。また、年齢に応じた対応も必要となってきます。そのため、経験が多い人の方が派遣保育士として向いています。
派遣の保育士は給料面でも正規の職員に比べると低くなりますが、その分自由に働くこともできます。ですが、土日や夜間、早朝などにシフトを組まれることも多いので、自分の子どもがいる場合は働くことが困難になるケースもあります。どのような体制で働くのか、どこまでならできるのか、事前に保育園とよく相談することが大切です。
派遣といえども立派な保育士として保護者や子どもは見ています。いい加減な態度や子守りをしている、という意識では保育士は務まりません。命を預かっているという意識で保育にあたることが大事になってきます。

ページの先頭へ戻る