派遣で働く際の服装とその配達について

仕事をする際には、ドレスコードと呼ばれるものを遵守しなければなりません。ドレスコードとは、決められた服装のルールのようなものです。一般的にホワイトカラーと呼ばれる仕事に就いている人は男性はスーツ、女性の場合は勤務先で指定された制服がある場合は制服、ない場合にはオフィスカジュアルと呼ばれる服装を着ることとなります。専門職、特に医療関係者の場合には制服が指定されていることがほとんどになります。これは、仕事とプライベートの区別をハッキリさせ、より、仕事に集中出来る環境つくりの一環として行われています。また、派遣と言う雇用形態がありますが、この場合には、基本的に特段の理由がない限り、派遣先が指定した服装を着用すれば問題はありません。また、派遣先によっては制服の着用が義務となる場合があります。例えば、飲食店やアミューズメント施設等です。このような勤務先の場合、勤務開始前に、事前に制服が自宅に配達されてくる場合も多いです。配達される際には、会社から配達前にサイズや必要枚数等の確認が入ると思いますので、間違いのないようにしっかりと伝える必要もあります。また、特に接客業等では、服装に非常に厳しい場合も多いです。具体的には、ワイシャツ等の汚れや折れ等には、かなり気を配った方が良いでしょう。また、服装ではないのですが、髪型に関しては、特に企業の受付義務に携わる場合はかなり煩く言われます。髪の長さはもちろん、特に、髪の色については何段階もの種類に分かれており、指示があります。あらかじめ、派遣会社独自に、派遣先の企業のカラーに応じて、髪の色を何段階にするかを、企業と事前に相談している場合が多いようです。

ページの先頭へ戻る