派遣で仕事をしていると人間関係が大変

派遣で仕事をする際に大変なものとして、人間関係があります。
人間関係はどのような職場であっても、どのような雇用形態であっても難しい問題のひとつではありますが、特に派遣ともなるとその人間関係が大変なのものとなります。

派遣の場合、関わる人間が多く実際に働いている現場の人間との関係もありますし、派遣会社の人間とも折り合いを良くしていかなければなりません。
まず、一番難しいのが現場で働いている人間たちの関係ですが、同じ場所で仕事をするにしてもやはりそこにはどこか外部の人間という意識が生じやすいものとなります。
そのため、よく言えばお客さんという意識が生まれやすく、悪く言えば余所者という空気になってしまうことも珍しくありません。
すべての職場がこのようなものとは限らずに、誰でも分け隔てなく仲良くしてくれるところもありますが、一方的に余所者という扱いを受けてしまうこともあります。
逆に外部の人間だからと、気を使われる待遇を嫌うという人もいることでしょう。
このように派遣で仕事をしていると、雇用形態が違うということで人間関係の構築が難しくなってしまうケースは珍しくありません。

また、実際に働いている現場の人間と折り合いがついて仲良くすることができても、派遣会社の担当者と折り合いが悪くなって仕事がしづらくなってしまうということも無いわけではありません。
これは実際に仕事をしている場所と仕事を紹介してくれる場所が違うことによって起こる問題ですが、せっかく実際に働いている場所で上手くできているのに、派遣会社と折り合いが悪くなってしまって働きづらくなってしまうというのは働く側からすれば非常に面倒な問題となってしまいます。
このように、派遣で仕事をすると普通の雇用形態以上に人間関係が大変になることが多いのです。

ページの先頭へ戻る